海外への転職を希望する人は営業職が有利

海外への転職を希望する人は営業職が有利

日本の経済状況はあまり良くなっておらず、アベノミクスも今の状態では大企業しか恩恵を受けておらず、地方の企業はあまりいい思いをしておりません。
そのため、地方のサラリーマンの給料はいまだにあがることは無く、ボーナスカットや手当カットあるいは倒産する企業も少なくありません。
そのような現状に嫌気がさして海外での広い市場で活躍したいと私は転職活動の準備を着々と行っておりました。
食品業界の営業職をしており、食品業界に関する市場にも嫌気がさしていたため海外に支店があり、広く活躍できる企業へ転職したいという思いが強くなってきておりました。
実際に3年間は我慢して営業職として成果を残してきたため転職の際の面接ではコミニュケーション力や忍耐力があると評価され、語学力も勉強してきた成果が出ました。
この海外転職体験談をネットでブログなどに掲載し、現状の日本に満足できない若者に夢を与えていきたいと考えております。
自分の満足できる仕事というのが本当の仕事だと私は思います。